ベラジョンカジノの安全性を確認する方法

ベラジョンカジノの安全性を確認する方法

オンラインカジノをプレイするなら、やっぱり「安全性」は確認しておきたいポイントですよね。

いいかげんな運営をしているオンラインカジノなら、ゲーム機能に問題があったり、入金や出金の際にトラブルがあったり……なんてことは十分にありえます。

さらに、もっと悪質な場合は、詐欺やイカサマを働かれ、お金を騙し取られるパターンも。

実際に、予告なくオンラインカジノが閉鎖してしまいお金が引き出せなくなった、という実例もあります。

ベラジョンカジノのプレイヤーからすると「実際ベラジョンカジノの安全性はどのようなものか」というところは疑問でしょう。

そこで、ベラジョンカジノの安全性を確認するポイントをご紹介していきます!

ベラジョンカジノは安全性があるのか?「ライセンス」の視点からチェック!

ベラジョンカジノの安全性を確認する方法
まずはじめに「ライセンス」についてお話していきます!

「ライセンス」とは、簡単にいうとオンラインカジノの運営を認可する許可証のようなものです。

オンラインカジノを運営するには、まずこのライセンスを取得する必要があります。

ライセンスの審査基準は様々ですが、代表的なものは以下の通りです。

●オンラインカジノの運営側に、十分な資金や経営能力はあるか
●マネーロンダリングの温床にならないようなシステムになっているか
●置いてあるゲームは公平性のあるものか

このような基準を、約半年ほどかけてゆっくり審査していきます。

さらに、審査が終わった後もその都度監査が入り、問題があるようならライセンス剥奪、ということもありえるとか。

ベラジョンカジノの安全性を保障するライセンス発行国は?

しかし、このライセンスも、どんなものでもいいというわけではありません。

ライセンスを発行する国によっては、審査の基準がゆるかったり、お金さえ出せば発行されるライセンスというものも存在するのです。
そんなライセンスを持っていたところで、安全性は保障されませんよね。

ベラジョンカジノのライセンスは「マルタ共和国」です。

ライセンスの中でも、イギリス連邦加盟国が発行するライセンスは審査が厳しいと評判なのですが、このマルタ共和国もそのひとつ。

ライセンス有効期間は5年で、その都度また更新する必要があるので、取ったら取りっぱなし、なんてこともありません。

ベラジョンカジノは2011年に運営を開始していますから、2018年現在、2回審査をパスしてきたというわけなんですね。

第三者機関により安全性の審査を受けたソフトウェア

ベラジョンカジノの安全性を確認する方法
さらに、見ておきたいのが「第三者機関」です。

こちらは、オンラインカジノの安全性を見る上で、ライセンスの次に重要なポイントと言えるでしょう。

第三者機関は、オンラインカジノの運営やソフトウェアの公平性などを、オンラインカジノや政府からは独立した組織がチェックするというものです。

ベラジョンカジノのソフトウェアは第三者機関の審査を受けているのか?というところですが、こちらはソフトウェア会社をチェックすれば確認ができます。

ベラジョンカジノの代表的なソフトウェア「NETENT」や「Playtech」「microgaming」は、いずれも第三者機関により厳格な審査をパスしたソフトウェア会社ばかりです。

いかがでしょうか?

ベラジョンカジノはマルタ共和国のライセンスと、厳しい第三者機関の審査を受けているので、安全性にはそれなりに信頼できるのではないでしょうか。

とはいえ、実際にベラジョンカジノの安全性がどれほどのものかは、なかなか判断できないですよね。
そこで、掲示板などに集まった、ベラジョンカジノのプレイヤーの口コミなどをこちらのページにまとめました!

⇒【ベラジョンカジノの2chでの評判や口コミをまとめてみました

コメントは受け付けていません。