ベラジョンカジノで遊んでも大丈夫?違法にならない?

ベラジョンカジノに限らず、オンラインカジノのプレイをする上でどうしても切り離せないのが法律の問題です。

日本では、2017になりようやく「カジノ法案」が設立されましたが、こちらはカジノを取り閉まるための法律ではなく、あくまでもカジノをこれから日本に作るための取り決めのようなもので、「賭博罪」のようにプレイヤーや運営者を逮捕できるような法律ではありません。

ここでは、オンラインカジノの法律問題について紹介しています。

ベラジョンカジノで遊んでも大丈夫?法律問題

ベラジョンカジノもオンラインカジノである以上、現状ではベラジョンカジノをプレイしていて罪に問われる可能性としては、0%ではありません。

オンラインカジノは違法ではない?

オンラインカジノは、そもそも違法ではないのでしょうか?

カジノの法律問題の原点に戻ると、カジノはそもそも海外では合法のギャンブルとして扱われています。
オンラインカジノも同様に、運営元の国でカジノが合法である国のサーバーで運営されていれば、日本人がプレイしていても違法ではないという認識で、プレイされています。

日本人が海外旅行に行って、その海外で運営されているカジノで遊んでも罪に問われないのと同様に考えられているため、合法ではありませんが違法とも言い切れない、グレーな状態ではあります。

オンラインカジノプレイヤーが逮捕されたのは違法?

verajohn

2016年に、日本でオンラインカジノをプレイしていたユーザーが三人逮捕されるという事件が起こり、オンラインカジノ業界に衝撃が走りました。

しかし、これは違法だったから逮捕されたわけではなく、逮捕された時点では有罪の容疑を掛けられていただけでした。

当時の日本では、オンラインカジノを律する法律がなく、賭博罪がそれに当たるとされていましたが、賭博罪に問うにはプレイヤーだけではなく、その運営元も一緒に逮捕する必要があり、逮捕された三人の内一人は裁判を起こし、最終的に三人共罪には問われず、罰金のみという処置が取られました。

なぜ、違法ではないのに逮捕に至ったのか?

この裁判が行われたときに、掛けられていた容疑は「単純賭博法違反」というもの。

確かに、海外のサーバーにあるオンラインカジノで、ライブチャットタイプのカジノゲームを楽しんでいたそうなのですが、そのライブチャットのディーラーが日本人であり、日本の時差に合わせて日本人が遊びやすい時間に開放されており、明らかに「日本人が中心ターゲットであるカジノ」と判断され、そのときプレイをしていたプレイヤーのクレジット履歴から、賭博をしていたと判断され、逮捕に至ったようです。

このように、日本ではまだオンラインカジノを正式にさばくことができる法整備が整ってはいませんが、数々の証拠が揃えば逮捕に踏み切ることができるということも、世間に広く知れ渡ることになりました。

現時点で、オンラインカジノをプレイする場合は、運営元を確かめて明らかな違法行為を行っていない良質なオンラインカジノを選ぶことが大切だといえます。

コメントは受け付けていません。