ベラジョンカジノで稼いだ時の税金はどうなる?

オンラインカジノをするからには、やはり大金を儲けてみたいもの。
オンラインカジノで儲けたお金にも、税金がかかるということはご存知でしょうか?

趣味の範囲で、少しやる程度なら申告は必要ないのですが、一定金額以上を儲けてしまった場合は、確定申告をする必要があるのです。
この記事では、オンラインカジノと税金について紹介します。

オンラインカジノで儲けたお金は、課税対象になる!

verajohn

オンラインカジノで得た勝ち金は、競馬や宝くじのように「一時所得」という分類にあたり、一定金額以上儲けた場合は、確定申告が必要です。
オンラインカジノは、電子マネー口座などの金融機関を介して換金や取引が行われるので、お金の流れが政府にも分かりやすくなっています。

その為、現金で報酬を受け取れるパチンコなどのように、本当は税金がかかるけど見逃させれているギャンブルと違って、しらばっくれることができないのです。

50万円未満の請求では、申告は必要なし!

オンラインカジノで申告が必要な一時所得の金額を割り出すには、収入金額から「支出金額」+「特別控除金」を引いて計算を行います。

「収入金額」ー「支出金額(掛けて出ていった金額)」+「特別控除額(最高50万)」=「一時所得」となり、
この金額が申告の対象になります。

つまり、この「特別控除額」の50万円未満であれば、確定申告は必要ありません。
会社員などの、オンラインカジノ以外の本業で収入がある場合は、20万円以上儲けた場合に、確定申告が必要になります。

特にこの会社にお努めの場合は、オンラインカジノで大きな収益を上げていると副業とみなされる場合もあるので、きちんと儲かったときは正しい処理をしておきましょう。
この時請求書が、自宅に届くようにしておくことも忘れずに。うっかり会社に届いてしまうと、面倒なことになりかねませんので、書類の申請の際には注意したいところです。

一時所得に扱われるのは、勝ち金が発生した時の取引のみ

上記の計算で、確定申告に必要な「一時所得」の金額を割り出すことができるのですが、ここで注意したいのは、支出金額の計算方法。

オンラインカジノで使用した全ての金額が支出金として計上できるのではなく、「勝ち金が発生したときの取引だけが支出金額」として認められるということ。
つまり、勝ち金が発生しなかった時に掛けていた金額は、支出として計上できません。ここが初めてだと非常にややこしいので、年間や月間のトータルで計算をしてしまうと、逆に損をしてしまう場合もあるので、注意が必要です。

オンラインカジノでしっかり稼いで行こうと考えている場合は、きちんとプレイのたびに帳簿を取っておくことがオススメされます。
オンラインカジノで稼ぐのも楽ではないのに、税金が取られるなんて…と憂鬱になってしまう方もいるかもしれませんが、逆に税金の処理をきちんとしておけば残った利益は正当な収入として扱われます。
一定金額以上儲けなければ、そもそも申告をする必要もないので、税金関連で悩んでいる方もまずは気軽に始めてみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。